無資格「まつ毛エクステ」で捜索…読売新聞

まつ毛エクステの事件です。

 

無資格施術です。今回は、美容師法違反のみならず、業務上過失傷害の容疑もかかっているそうです。オーナー様、経営者様には、法的リスクをヘッジするために、かならず美容所登録を行うようにしていただきたいものです。

また、まつエクは、目に傷を与える可能性が非常に高い施術ですので、しっかりと技術の検査・向上につとめなければなりません。

 

YOMIURI ONLINE より引用

大阪・ミナミのエステ店の女性経営者が、まつ毛に接着剤で人工毛を付ける「まつ毛エクステンション(エクステ)」を無資格で行った疑いが強まったとして、大阪府警生活環境課と南署は21日、美容師法違反(無免許営業)容疑で同店などを捜索した。

目を負傷した女性客もおり、府警は業務上過失傷害容疑も視野に捜査を進める。捜査関係者によると、経営者は美容師免許を持たないのに昨年12月、大阪市内の女性客にまつ毛エクステを施すなどした疑いがあるという。

女性は雑に付けられた人工毛で角膜炎を発症したと診断され、同28日、市に健康被害を届け出た。

市は1月、同法に基づき同店に立ち入り調査し、経営者の無免許が発覚した。経営者は市の調査に、「免許を持つ美容師が施術した。私は指示を出しただけ」と説明していたという。