ネイルサロンに美容所登録は必要か、否か。

美容所登録のサロンアプライです。

ネイルサロンに美容所登録が必要か、

それとも不要なのかという質問がありますので、お答えします。

 

結論としては、現在は必要ありません。

 

ネイルサロンは、一般的には美容というカテゴリーですが、

美容師法、美容師施行条例での規制の対象外になっています。

おそらく、日本ネイリスト協会という業界団体の力や、

大手ネイルサロンなどが、厚生労働省に意見を述べたり、

圧力をかけて、規制を防いだのだと思います。

そういう意味では、業界の自主規制がすごく上手くいっているということです。

 

JNAは、ネイルサロン衛生管理士という、

美容士でいう管理美容師というシステムをつくり、

衛生体制をしっかり立てています。

 

ですから、ネイルの業界は、日本ネイリスト協会が牛耳っている、、、というと良くは聞こえないですが、一つにまとまっているからこそ、

自分たちの権利を主張できるのだと思います。

 

それに、比べて、まつ毛エクステは、美容師免許が必要になっていましました。

業界が成熟する前に、技術者が増えて、衛生基準や細かいお客様ケア対策が取られないまま、トラブルが増加してしまい、行政も規制せざるを得なくなってしまったのです。

 

その上、業界団体も、乱立状態。これでは、行政に圧力をかえるだけの力がまとまりません。もはや、まつ毛エクステ業界は、美容師法の見直しという訴えを投げかける前に、業界として一つにまとまらなければならない状況では無いでしょうか。その上で、美容師法の改正を訴える。そういう手順が必要なのです。

しかし、一度決まってしまったものは、中々くつがえりません。

まつ毛エクステを開業するには、美容所登録は将来も必要になると考えておきましょう。

 

ネイルサロンを開業するときに、将来的にまつ毛エクステもメニューに取り入れようという経営方針ならば、美容所登録ができる物件と美容師のツテを作っておく準備をしておきましょう。